薬学博士、薬剤師でもある講師が、アロマテラピーとメディカルハーブについて科学的にわかりやすくお教えします。

東急田園都市線 池尻大橋駅前に、アロマテラピーとメディカルハーブの教室をオープンし、アロマとハーブの活用法についてお伝えして参りましたが、2021年6月からは、場所を神奈川県 茅ケ崎市に移し、教室活動を継続していきます。

ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)認定コース、日本メディカルハーブ協会(JAMHA)認定コース、健康包括支援協会(AHIS)嗅覚反応分析、その他各種オリジナルレッスンとして、アロマ香水レッスン、精油の化学講座、芳香ハーブ蒸留などのメニューをご用意しております。

2021年4月からは、日本メディカルハーブ協会認定校となり、メディカルハーブ資格の上級コースまで対応可能となります。

資格取得コースは、基本的にマンツーマンの対応で、レッスンの開始日や受講ペースなど自由に設定していただけます。まずは、体験レッスンや説明会にお気軽にお越しください。

 

*スクール名のAPOTHECAアポテカは、ギリシア・ローマ時代から使われていたラテン語の「薬物を扱う倉庫あるいは商店」を意味する言葉で、ドイツ語のアポテケapotheke,フランス語のアポティケールapothicaire,英語のアポセカリーapothecaryといった薬店,薬局を指す言葉の語源です。